明日会社を辞めたい。辞められる6つの方法【上司に伝える。体調不良を理由にする。両親の介護、離婚などやむを得ない理由が効果的】

明日会社を辞めたい。辞められる6つの方法【上司に伝える。体調不良を理由にする。両親の介護、離婚などやむを得ない理由が効果的】

スポンサードリンク



明日会社を辞めたい。辞められる6つの方法

明日

@上司に明日会社を辞めたい意志を伝える。

円満退職をするに越したことはありません。いきなりお世話になった上司を通り越して人事部に退職届を出したり、何も相談をせずに辞めてしまえば、上司から恨まれてしまうかもしれません。会社が既に嫌になっているなら、明日にでも辞めたいという気持ちは分かりますが、最低限の礼儀は尽くすべきです。

上司の事情も考えた上で、行動しましょう。上司は、急に部下のあなたが辞めてしまうことで、上層部から悪い評価をもらうことになってしまいます。責任をとらされることもあるのです。そういった意味でも、まずは、いの一番に上司に明日にでも辞めたい旨を相談するべきなのです。引き止められたりして、煩わしいですが、それでも先に上司にお伺いを立てるべきなのです。


スポンサードリンク



A引き止められる場合は体調不良を訴える。

上司や先輩や同僚に、明日にでも会社を辞めたい・・・などと相談すれば、100%、引き止められることになるでしょう。本当にあなたのことを思って引き止めてくれる場合もありますが、たいてい、そうじゃなくて、辞められると自分の立場がまずくなったり、仕事量が増えるから、引き止めるのです。

そこで無碍に断ると反感をかってしまい、円満退職できなくなってしまうので、うまい理由をつけて辞めることを納得させる必要があります。普通の理由では、上司や同僚を納得させることができないので、やむをえない理由を嘘でも良いので、つかうようにしましょう。

例えば、仕事が辛くて辛くて精神的にも肉体的にも限界が来てしまい、体調不良や精神不安定になってしまった・・・と告げるのです。体調不良で壊れてしまえば、誰も責任はとれないので、それなら引き止めることもできないと思ってくれることでしょう。誰にも迷惑をかけず、円満退社するための嘘なら、罪悪感を抱くこともないのです。


スポンサードリンク



B両親の介護や離婚など家庭の事情を出す。

上司や同僚にしつこく辞めることを引き止められる場合に効果的な、急に会社を辞める理由をいくつかご紹介しておきます。やむを得ない事情で、引き止めても無駄と思わせるためには、家庭の事情を出すのが一番です。

誰だって家庭の事情は分からないし、上司でさえも口を出すことはできないですからね。特に両親や配偶者のことを出すと、上司も同僚も引き止められなくなります。中でも最も効果的な理由は、両親が病気になり田舎に帰って介護をする必要があるという理由です。

また、配偶者と離婚することになり、子供の面倒を自分が見なければいけないからという理由も効果的です。ちょっとオーバーな嘘になってしまいますが、スムーズに会社を辞めるための嘘なので、どうしても引き止められてしまい、会社を辞めることが難しいなら、このような嘘もアリです。

C退職願ではなく退職届を提出する意味とは?

明日にでも会社を辞めたい。絶対に引き止められても考えを変えるつもりはない。そこまで辞める決意がハッキリとしているなら、退職願ではなく退職届を提出しましょう。退職願は、引き止める猶予を与える書類となってしまうのに対し、退職届は、完全に会社を辞める事ができる効力を持っています。

つまり、退職願を出すということは、引き止められても良いという意志をあらわすようなものなのです。退職願と退職届の意味の違いをしっかりと理解し、絶対に引き止められたくない、スムーズに会社を辞めたいと思うなら、必ず、退職届を出しましょう。

D出社拒否をする。

明日にでも会社を辞めたいのに、どんな理由を告げても、何を言っても、辞めさせてくれない・・・悪意も感じる・・・。そんな場合もあることでしょう。そのような時は、退職届を提出して、若しくは、郵送で送って、出社拒否をしてしまいましょう。

円満退職はできなくなりますが、それは会社側が招いた結果なので、仕方がないことです。あなたに責任は一切ありません。無理して出社して余計なストレスを溜める必要はありません。なぜなら、会社を辞める辞めないは、その人の自由ですからね。どんなにお世話になった会社でも、辞めるのは本人の意志次第なのです。

会社側が強引に辞めさせないのは違法行為とも言えるのです。会社によっては「今まで、君を育てるのに投資した経費をすべて返金して欲しいから、損害賠償を起こすぞ!」なんて言ってくることもありますが、無視して結構です。

そんな理由で裁判を起こしても100%勝てるわけがないことは会社側も知っているので、絶対に告訴などされないからです。社員を辞めさせない会社はある意味、ブラック企業と言えるのです。大丈夫です。かたくなに出社拒否を続ければ、自動的に会社を辞めることができます。

E会社から返却してもらうものや有給消化や給料をしっかりともらう。

会社を辞めることができたら、下記のものを会社からしっかりと返却してもらいましょう。どちらも重要な書類なので、もらい忘れないようにしましょう。

@雇用保険被保険者証

A年金手帳

円満退社じゃない場合は、悪意があって、返却すべきものをしないなんて態度をとられたりすることもありますが、そのような場合は、すぐに労働基準監督署に相談しましょう。悪質なケースなので、すぐに労働基準監督署が動いてくれることでしょう。

また、有給が残っていたり未払いの給料があって、それを会社側が支払ってくれない場合も、労働基準監督署に相談しましょう。自分で解決しようと思って交渉しても、そもそもブラック企業なので、聞く耳がありません。

無駄な時間と労力を使わないためにも、国家権力を利用しましょう。泣き寝入りするのではなく、しっかりと有給を消化して、給料もボーナスも全額もらってから会社を辞めるようにしましょう。


スポンサードリンク





対処法 デメリット 病気 注意点 言い出せない